銀座でエクシオ婚活パーティーの過酷な現実を知った口コミ体験談ブログ

連休前に出会いでも探してみようと久しぶりに婚活パーティーの参加してみました。参加したのはエクシオ(EXEO)とマイナビ婚活パーティーの合同開催のパーティーで、1対1でお話しするお見合いパーティー形式のやつです。場所は銀座。連休前の銀座のお店はめっちゃ混んでるので、カップリングできたらお店探しに苦労しそうです。大丈夫かな。

今回参加したパーティー

image

会場写真

会場はエクシオの会場のようですね。広そうだし、整然と並んだ椅子がいかにもお見合いパーティーっぽいです。何人集まるパーティーなのか、ウェブサイトの情報では読み取れませんでしたが、会場写真ではかなり椅子多いですね。席替えに忙しいパーティーになりそうです。

パーティー情報は以下の通りです。

  • 【テーマ】
    • 男大卒EXECUTIVE編!お見合いパーティー☆エクシオ合同開催
  • 【場所】
    • 東京の銀座
  • 【条件】
    • 男性:26歳~40歳位 大卒かつ年収600万以上 女性:26歳~40歳位
  • 【料金】
    • 定価 男性:4,500円 女性:1,500円

今日の服装

今日は平日なので仕事帰りの参加となります。あまりスーツを着る仕事ではないのですが、今日はたまたまスーツを着ています。正確にはスーツじゃなくてグレーのジャケットに黒のスラックスですが、ネクタイもしてるしフォーマルな服装と言えるでしょう。婚活パーティーの服装で何より大事なのは清潔感ですので、フォーマルなのかカジュアルなのかはそれほど重要ではありませんが、スーツ(ジャケットやスラックスも)であれば、スリムでスッキリとスマートに見える最近のデザインがいいと思います。僕のように普段あまりスーツを着ない仕事だと、持ってるスーツが5年前くらいのものだったりするのですが、ダボっとしてるデザインは絶対にやめましょう。あと、いくらスリムなスーツでも、休日にスーツってのはやっぱりちょっと頑張りすぎな感が出てしまう気がしますね。スーツは平日の仕事帰りのみ、がいいと思います。

sample

定番のコーデ

会場入り

ちょっと早めの開始20分前に日比谷駅に到着。ここから歩いて3分くらいです。有楽町や銀座駅からも歩いていける距離なのでアクセスは良い会場ですね。日比谷シャンテや帝国ホテルのすぐ近く雑居ビル5Fで、ビルの下には有名な300円均一バーがありました。カップリングできんかったらここで一杯飲んで帰ろうかな。

有名な300均バー

有名な300均バー

エレベーターで5Fに上がり、道なりに進んでいくとコートを掛けられるスペースがあります。男性用と女性用で分けられていて、荷物も置けそうです。仕事帰りですが大した貴重品もなかったので、財布とスマホだけ取り出してカバンを置いていくことにしました。

受付はそれなりの対応

受付での対応は男性一人でした。とりわけ愛想が良いわけではなく事務的な対応です。ここで身分証と名刺を見せ、名前をフルネームで告げます。本人確認は結構きびしめですね。フルネームで名前を言わなきゃいけないのがちょっと恥ずかしいです。早めに来て良かった。配布物を受け取って受付完了。席の番号も教えてもらい、パーティー開始まで席で待ちます。

広い会場

入り口付近の席に座って会場を見渡してみます。80席前後あるでしょうか。その広さと席の多さに圧倒されてしまいます。これだけの人数が集まるのでしょうか。。。

大体の配置

大まかな配置図

配布物

受付ではパーティー中に使うカード類がバインダーにまとめられて配布されました。中身は、

  1. プロフィールカード
  2. チェックシート
  3. 印象確認カード
  4. アプローチカード
  5. 最終投票カード

それと、他のパーティーのチラシやパンフレットなんか一緒に挟まってます。

配布されるバインダー

配布されるバインダー

マイナビ婚活パーティーと合同開催とは言え、配布物の中身は全てエクシオのものですね。パーティーの運営は全てエクシオで、集客だけマイナビ婚活パーティーがサポートしている感じでしょうか。

プロフィールの内容

開始まであと15分くらいあるのでゆっくりプロフィールを書きます。プロフィールの内容は、

  • 氏名
  • 年齢
  • 干支
  • 現住所(市区町村)
  • 家族と
    • 同居
    • 一人暮らし
  • 身長
  • 星座
  • 血液型
  • 出身地
  • 最終学歴
  • 職業
  • 勤務地
  • 年収
  • 休日
  • 好きなタイプ
  • 結婚について
    • 一年以内に
    • 3年以内に
    • じっくり付き合ってから
    • 良い人がいれば
  • タバコ
    • よく吸う
    • たまに吸う
    • 全く吸わない
  • お酒
    • よく飲む
    • 普通
    • 付き合い程度
    • 全く飲まない
  • 好きな歌
  • 最近よく観るTV番組
  • 最近見た映画orおすすめ映画
  • 性格を一言で
  • 家族構成(親・兄・弟・姉・妹・ペット)
  • 結婚歴(あり・なし)
  • 子供(いる・いない)
  • カップルになったら最初に行きたい場所(イラストでもOK)
  • 趣味または特技は(イラストでもOK)
  • 好きな食べ物、嫌いな食べ物(イラストでもOK)

項目多いですねー。プロフィールカードはそれほど大きいわけでもないのに、びっしりと項目が詰められている感じです。あと、イラストを描くスペースがあるのが珍しいですね。

趣味とか休日の過ごし方とかその辺が大事なんですが、今回はどうしよう。広く浅く描くか、狭く深く具体的に描くか。音楽、映画、お店、食事は他の質問にもあるしな。狭く具体的に書いた方が相手に刺さりやすいけど、空振りすることもあるからな。今回は広く浅くで行こうかな。旅行、英会話、フットサル、音楽、こんな感じでいいか。

お一人目の女性ご到着

プロフィールを書いていると対面となる席に女性が到着されました。最初のお話相手となる方ですので、軽く挨拶します。

僕「あ、こんばんわ」

女性「こんばんわ」

僕「すごい席多いですねー」

女性「そうですね、びっくりしました。。。」

プロフィール書いてる途中だし、女性もプロフィール書かなきゃいけないので長話はしません。

パーティーの流れ

プロフィールを書き終わった頃、受付にいた事務的な対応をする男がパーティーの流れについてアナウンスを始めました。

  1. 1対1でのトークタイム(1分半)
  2. 印象確認カード&アプローチカード記入
  3. フリートークタイム(3分x6回)
  4. 最終投票カード記入
  5. 結果発表
  6. 解散

最初のトークタイム短すぎやろ。。確か男女が20人ずつくらいいるパーティーなので一人当たりの時間が短くなるのはわかる。とはいえ1分半の話でなんかわかるのかなぁ。そのあと、印象確認カードとアプローチカードに記入するらしいが。

そこで、印象確認カードとアプローチカードを確認してみると、まず、印象カードには以下の記載がありました。

このカードはカップリングと関係ない気軽なカードです。お話ししてみて「感じがいいな」「話しやすいな」と思えた方に必ず3名以上選び下記の番号に◯を付けてください。あまりお話しできなかった方に◯を付けていただいてもOKです。

もう一度話してみたい相手をチェックするカードのようですね。何人でもチェックできるようでシャンクレールyoubride party同じ方式ですね。一方にアプローチカードには、

「感じがいいな」とか「話しやすいな」と思った方にメッセージを送れるカードです。まずは話したい相手の名札番号を書いてください。あまり話しせなかった人に出してもoKです。

メッセージが送れる以外はだいたい同じだな。決定的に違う点は人数ですね。印象確認カードは無制限。アプローチカードは2人まで。うーむ、使い分けが難しいけど、印象確認カードは「まぁ許容範囲」アプローチカードは「良かった好印象」くらい評価となるのでしょうか。

作戦を考える

パーティーの流れがわかったのでトークタイムの作戦を考えます。今日の作戦は、

  • 相手のプロフィールカードから自分との共通点を探す
  • 共通点があったら話題にしてみる
  • 共通点がなかったら相手の趣味や休日の過ごし方について質問してみる
  • 相手の趣味に何の興味も湧かなかったら適当に会話しつつ僕のプロフィールへの質問を待つ

僕は婚活パーティーで趣味をテーマに話をすることが多いのですが、今回は「自分との共通点」についてまず話してみようと思いました。これまでの婚活パーティーでカップリングしたり、好印象がマッチングしたりする相手には趣味や地域など何かしら共通点がある相手が多買ったので、「共通点がある」というのは大きなポイントだと思ったからです。

トークタイム開始!1人目

いよいよフリートークタイムが始まり、お一人目の方と話し始めます。すでに少しお話ししてますが、改めて挨拶するとニコッと笑って返してくれます。30代後半のOLさんですが、笑顔が素敵な方です。プロフィールをみると「自分の性格を一言で」に「よく笑う」と書いてあります。納得感があるお綺麗な方です。佐藤仁美をもう少しふっくらさせた感じでしょうか。そういえば僕の「自分の性格を一言で」も同じ「よく笑う」でした。早速共通点を発見したので話題にしてみると

僕「よく笑うって僕と同じですね」

女性「本当ですね」

僕「良い性格ですよねぇ」

女性「ハハ・・」

いくら共通点でも話題にする項目は選んだ方が良さそうだ。

しかし、1分半は本当に短いです。多分、席移動の時間も入れて1分半なので話している時間は1分ちょいじゃないでしょうか。挨拶をしてプローフィールの項目について2つくらい話したら終わってしまうくらいの時間です。僕はオンラインの英会話をやってるんですが、そこでする自己紹介よりも短くて内容が薄い。これじゃ何もわからないなぁ。と思いながらもフリートークタイムは足早に進んでいきます。

2人目

バインダーを持って隣の席に移動です。移動しながら一人目の方の印象や話したことをメモします。この時間が忙しいです。

僕「失礼しまーす。こんにちわ、よろしくお願いしまーす」

女性「こんにちわ。よろしくお願いします」

見ると優木まおみ似の美人さん24歳。

僕「おすすめ映画のこれって何ですかー?」

女性「◯◯ちゃんと◯◯ちゃんが出てて、サスペンス映画で・・・」

僕「へぇー今やってるですかー?」

女性「たぶんまだやってますよー」

僕「あ、犬飼ってるんですねー」

女性「はい」

僕「なに飼ってるんですかー」

女性「ポメラニアンですー」

こんな会話をしていたら時間終了。僕のことは何も聞かれてないじゃないか。

3人目

3人目は吉高由里子風の28歳。これまた美人さん。ここでもオススメの映画の項目に目が行ったので早速聞いてみます。

僕「このオススメ映画って今やってるやつですよねー?」

女性「そうです」

僕「気になってたんですよー。◯◯が出てるやつですよねー?」

女性「はい」

僕「こう言う映画好きなんですよ。例えば◯◯とか。知ってますー?」

女性「いえ」

僕「じゃー◯◯とかは?」

女性「・・・」

僕「あ、僕のオススメ映画も◯◯みたいな映画なんですよー」

女性「・・・」

食いつきは悪いようだ。なんか焦ってきてしまったのか自分の声が変に大きく、早くなっているようにも感じる。落ち着かねば。

4人目

落ち着きのある38歳。黒谷友香風の綺麗な方で結構若く見えます。年齢が近いせいかとても話しやすく、共通の趣味もあって話が弾みます。

僕「最近何か観に行きました?」

女性「◯◯を見ました!」

僕「お、マジですか。今一番人気ですよね」

女性「はい。すごく良かったです!」

僕「チケット取るの大変だったんじゃないですか?」

女性「はい、何ヶ月前から予約して」

僕「海外でも評判いいらしいですよ。◯◯とか」

女性「そうなんですか、詳しいですね」

共通の趣味があるとかなり確度が高くなりますが、もうちょっと若い方がいいかな。。。

5人目

若いのが来た。28歳の保育士さん。松井愛莉風の顔立ちですげー可愛い。今日の一番人気はこの子だな絶対。

松井愛莉イメージ

松井愛莉イメージ

可愛い子だとがっついてしまうのか、映画や仕事などプロフィールの項目を面接のように質問してたら終了してしまった。当然だけどあまり食いつかなかったなぁ。

トークタイムではこのあとも15人くらいと話してますが、あまり印象に残る方はいませんでした。話があった方もいますが、全体的には噛み合わなかった印象です。時間が短いのもあると思いますが、「プロフィールから共通する項目を探す」という作戦が良くなかったのかもしれません。プロフィールを注意深く見すぎると読めば大体わかっちゃうので、会話しづらくなるんですよね。興味ぶかい事が書いてあれば良いんですが、そんなことは稀で、女性のプロフィールは大体は「事務職」「読書」「カフェ巡り」「ぶらぶらする」とか深掘りしにくい事がほとんどです。これをじっと見たところで興味わかないんですよね。だったら、あまり読まないで、「なんか趣味とかあるんですか?」と落ち着いた感じで話しかける方が普通の会話として成立させやすいのです。

また、僕の趣味について広く浅く書いてしまったのも失敗だったと思います。これまでのパーティーで狭く深く具体的に書いた場合は、「これって何ですか?」とか「◯◯好きなんですか?」とか質問されることが多かったですが、今回は少なめでした。

印象確認カードとアプローチカード記入

まず印象確認カードに気になった相手の番号をチェックします。1分後に回収されるので悩んでいる時間はありません。僕はトークタイム中、チェックシートに印象をABCでランク付けしていましたので、B以上の方にチェックすることにしました。

アプローチカードは、趣味のあった38歳の女性と34歳の女性に渡すことにしました。アプローチカードに自分の番号と相手の番号を記入して、「またお話ししたいです」にチェックを入れます。メッセージを記入できるスペースもありますが、時間がないし、正直そこまでお話ししたいわけでもないのでメッセージは書かずに提出しました。

フリートークタイムで過酷な現実を見た

司会のおっさんの合図でフリートークタイムがはじまりました。フリートークは、誰と話しても自由なのですがグループになるのは禁止のようです。必ず1対1で話して1回3分。計6回行われます。開始とともに男たちが一斉に動き始め、僕はちょっと出遅れました。立ち上がって会場を見渡すと男たちは特定エリアに集中しているように見えます。

集中エリアマップ

銀座会場ヒートマップ

集中エリアは、僕がフリートークで話した順番だと1人目〜5人目くらいまでの美人さんが多いエリアでした。美人さんの向かいの席はすぐ埋まり、席の後ろで待ってる男すら数人います。誰もいない席に座ってる男もいますが、これも多分順番待ちをしているのでしょう。一方で閑散エリアの方は女性がポツーン、ポツーンと一人で座っていて、見るに耐えないほど可哀想です。僕は完全に引いてしまいました。アラフォーらしきおっさんが20代後半の女性の前に列をなしているのも情けないし、ポツーンと一人座っている女性に何の気遣いもなく空いた席で一人順番待ちをしているおっさんもとてもダサく思えました。

「あの集団に入りたくない」

僕が印象確認カードでチェックした女性やアプローチカードを渡した女性も人気エリアに座っています。カップリングするためにはフリートークで話すことが必須なので何が何でも話さなきゃいけないのですが、あの人気エリアには入りたくないと倫理観みたいのものがブレーキをかけます。

閑散エリアの女性を見ると、誰とも話さず一人で座っていて、拷問のようです。以前、婚活パーティーで誰にも話しかけらない30代女性という動画をyoutubeで見たことがありますが、それと同じでいたたまれない気持ちになります。女性参加者から改善を求めるクレームは入らないのが不思議です。

完全に引いてしまった僕は戦意喪失してしまい、フリートークタイムは閑散エリアの女性と話して終了しました。

それにしても、エクシオのフリートークタイムはすごいですね。過酷です。人数が多いせいか、人気エリアは騒然としているように見え、閑散エリアは対照的により寂しく見えます。僕には向いてないかもしれません。。。僕にはパーティーパーティーとかユーブライドパーティーのようなフリータイムがないタイプのパーティーのがいいな。

最終投票カード記入

フリートークが終わると最終投票カードの記入となります。最終投票カードには第1希望から第6希望の欄があり、投票したい相手を番号で記入します。僕の場合はすでに消化試合と化していますが一応記入してみることにします。チェックカードをみてB以上にランク付けした方の番号を適当に並べて記入し、司会のおっさんに手渡します。

結果発表

僕が最終投票カードに記入した女性とはフリートークで1度も話していませんので、当然ながらカップリングはできませんでした。全体的には7組のカップルが成立したようです。20組中7組(35%)、まぁこんなもんなんでしょうか。

ダメだったから下の均一バーで飲んで帰ろうかな。

まとめ

  • エクシオの銀座会場は席も参加者も多いので忙しい
  • トークタイムが短いのでプロフィールカードを見るよりも会話を成立させることを意識すべし
  • フリートークはスピードが命。最初の一歩で出遅れない。
  • カップリング率35%
  • エクシオの銀座会場の地下にある均一バーは激混みだった

エクシオよりおすすめのYUCO.(ユーコ)パーティー

エクシオよりおすすめのパーティーパーティー

銀座・有楽町エリアの婚活・お見合いパーティー

当日参加OKの婚活パーティー | YUCO.(ユーコ)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です